沖縄で確実に痩せるダイエットエステならFREYAです!

  • 098-867-3239 098-897-7686
  • ネット予約はコチラ

産後ダイエットは6ヶ月間が勝負!

妊娠中は赤ちゃんがいるのでお腹も当然大きくなりますが、出産後は妊娠中に付いてしまったウエスト周りの余計な脂肪を落とさなければなりません。しかし、授乳もしなければならないため、無理な食事制限はできません。 また、出産直後の過度な運動も身体に大きな負担をかけてしまうため、NGです。出産してから6ヶ月の間に元に戻せばいいので、「早く産後ダイエットに取り組まなければ!」と焦る必要はありません。

こちらでは産後ダイエットがなぜ6ヶ月勝負と言われているのかをご紹介いたします。

脂肪の質

妊娠中に付く脂肪は特殊な状態にあることをご存知でしょうか。 その脂肪は流動性脂肪と呼ばれており、妊娠中、お腹の赤ちゃんを守るために女性ホルモンの影響を受けているもので、水分量が多く、通常の脂肪に比べて燃焼されやすく落ちやすいといった特徴があるのです。 「そんなに落としやすい脂肪ならばやる気になった時に落とせばいいや」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、いつまでも流動性脂肪であり続けるわけではありません。時間が経ってしまうと通常の脂肪に変わってしまうため、その前に落とすように心掛けましょう。

授乳によるカロリー消費

母乳で育てると体重が戻りやすいと言われています。授乳による消費カロリーは、600?800kcalとも言われています。 女性ならば、一食で摂取するカロリーよりも多いのではないでしょうか。これだけのカロリーを消費すればお腹が空いてしまい、食べたい衝動に駆られてしまうかもしれませんが、そこで食べてしまうと結局痩せることはできなくなってしまいます。極端な食事制限はいけませんが、赤ちゃんのためにも栄養バランスを考えながら適量を食べるようにすることが大切です。

骨盤の歪み

出産時には、骨盤が大きく開きます。その開いた骨盤は約6か月かけてもとの状態に戻っていきます。 その際、歪んだ状態で戻ってしまうことも多く、それが産後ダイエットの失敗を招いてしまうとも言われているのです。歪んだまま戻さないためにも、骨盤のケアを行うことをおすすめします。

お母さんになっても美しくありたいと願う女性は数多くいらっしゃいます。 沖縄県那覇市にあるフレアでは、加圧骨盤トレーニングと骨盤スリムメゾットがセットになった加圧骨盤ダイエットコースをご用意しております。お母さんだけではなく、冷えやむくみ改善を図りたい方もフレアをご利用ください。